ケイリーパートナーズDX戦略について

1.トップメッセージ

当社は、家庭も、子育ても、そしてキャリアアップも目指しながら日々を忙しく頑張る女性たちが、それぞれのライフステージに合わせた自分らしい働き方で、企業のお困りごとに寄り添う活動を行っています。その活動を支えるデジタル技術は、自社の生産性向上とお客様へ提供する価値向上、更に働き方改革に向けた重要なものと考えています。

時代の急激な変化に対応しながら、お客様の事業成長にしっかりと伴走する企業として、きめ細やかなアウトソーシングサービスを提供しています。また、働く社員が 未来の自分にワクワクしながら、イキイキと笑顔で働ける環境作りも構築していきます。

当社は、従来の仕事の進め方にデジタル技術を導入し、サービス提供体制、労働環境の向上に継続的に取り組んでいきます。

2.DX戦略の概要

当社は、お客様の業務効率化、生産性向上に寄与できるよう、ワークフローへのデジタル導入を支援しています。また、これらのサービスを短時間労働、子連れ出勤、在宅ワークなど、自由度の高い働き方を望む女性のワークシェアリングにより提供しています。これを実現するためには、情報の管理とサービスの提供のために、社内システムの最適化やデジタル技術の導入が必要です。

そこで当社は以下のステップで段階的にDXを推進していきます。

STEP1

アウトソーシング受託企業として生産性向上を目指すITシステムの最適化


創業時から、情報共有、データ作成、就業管理などにIT化を進めてきました。今後さらなる生産性向上のためにIT基盤の統合を行いお客様へのサービス提供の品質向上を目指します。
 

例)コミュニケーションツールの見直しと統合、オフィスツールの統一、クラウドサービスの見直しと統合

STEP2

社内業務のデジタル化を更に拡張
 

社内業務のデジタル化を更に推進し、文書管理ツール、ナレッジデータベースシステム、資産管理システム、電子決済システム等を新たに導入して行きます。そして、得たノウハウをお客様への提供サービスに繋げていきます。

STEP3

デジタル化で得た経験とノウハウを社会解題解決に繋げる


当社内で得た経験とノウハウを元に新たな働き方を提案していく活動を行います。
 

例)ノウハウをソリューションサービスとして提供、事業連携

3.DX推進体制

株式会社ケイリーパートナーズは代表取締役/CEO三部香奈を統括責任者、代表取締役/COO鷲谷恭子を実務責任者とします。

DX推進の実務は取締役/CFO 千原伴子が担当し、全社的な取り組みを行う業務体制を確立していきます。

また、デ ジタル技術の活用については、IT知識を有する社員が社員教育を行い、社員の育成を行います。
また、導入時の検討及び教育については外部機関を利用します。

4.システム環境整備体制

システムの導入・改修時は全社的な検討を行い、費用対効果をもとに実施を判断しています。

<DX戦略を進めるためのITシステム・デジタル技術活用環境の整備に向けた方策>

・生産性向上のための基幹システムの最適化

生産性を向上させるために、基幹システムの見直しを行い、基幹業務の最適化を行います。

・業務改革の推進

電子帳簿保存法に対応し、社内業務の効率化を行います。

クラウドに文書管理ツールの導入行い、書類の電子化と利用推進を行います。

グループウェアの活用により情報伝達の一元化とペーパレス化を推進します。

総務管理システムにより社内業務の効率化を行います。

デジタルコミュニケーションツールの活用 WEB会議システム環境を常に更新し、テレワークの推進を更に進めていきます。

5.DX推進状況管理

DX推進管理のために以下の目標を設定し定期的にレビューします。

・テーマに関する計画の進捗度

・ITインフラの構築・改善に関する計画の進捗度

・人材の育成に関する計画の進捗度

6.今後について

日進月歩で進化するITインフラを常にウオッチし社内体制の見直しを続けています。

そしてお客様へのサービス向上と社員の新しい働き方を進めるDXを推進していきます。

初版 2022年6月1日

株式会社ケイリーパートナーズ

代表取締役/CEO三部香奈

代表取締役/COO鷲谷恭子