top of page
  • 執筆者の写真ケイリーパートナーズ

WebサイトとSNSの違いとは? 特徴を掛け合わせると大きな効果が◎


‎‎❅:*.。

WebサイトとSNSの違いとは?

特徴を掛け合わせると大きな効果が◎

🌞webサイト(ホームページ)

<ストック型メディア>と呼ばれ、

情報を貯めておく機能を持ち

検索性が高く過去の情報にも

アクセスしやすい特徴があります。

企業情報や詳細な事業紹介など

情報量が多いコンテンツに向いていて、

企業側からは情報発信がメインになります。


☔定期更新を怠ると

検索エンジンで表示される

順位が下がりアクセス数が減少します。

古い情報を放置していると

顧客からの信頼を失う可能性も…!

🌞SNS

<フロー型メディア>と呼ばれ、

リアルタイムに起こっていることを

スピーディに拡散することが

得意なメディアです。

訪問者や顧客と

フォロー・コメント機能を利用し

双方向のコミュニケーションが可能です。

☔webに比べ

一度に載せられる情報量が限られます。

フォーマットやターゲットに合わせた

的確な投稿用の文章・画像の作成には

作り手のセンスが求められます。

また、利用するSNSを

あらかじめ選別する必要があります。

より多くの人に認知してもらうためには

それぞれの特徴を理解し、

良い面を掛け合わせて使用することが大切です!

また、担当者の負担軽減に繋げるため

社内では手が回らない場合には

アウトソース(外部委託)を活用することで

効率的に集客へつなげることもできます🌟


♢SNS発信、お任せください♬

弊社のSNS支援プランでは、

既定のサービス内容に捉われない

お客様のご要望・ご予算にあわせたご支援を

ご提案させていただきます。

♢ご相談は無料です!

まずはお客様のお困りごとを

丁寧にヒアリングをさせていただきます。

それをもとにお客様に寄り添った

「オーダーメイド」のご支援プランを

ご提案しております。

「こんなことお願いできる?」

「まずは何から手をつけたらいい?」

「依頼するプランはハッキリ決まっていないけど…」

などのモヤモヤしたままの

お悩み・ご相談もお待ちしております!


コメント


bottom of page