top of page
  • 執筆者の写真ケイリーパートナーズ

【Small Talk】静かな夜


3月も間もなく終わろうとしています。

春はもうすぐといったところでしょうか?

先日、大学進学のため長男が我が家を巣立っていきました。

ちゃんと生活できているのか、やっぱり気になってしまう私。

今日は、そんな長男との思い出を振り返る慰労の回です。


________________ 



「何食べたい?」と聞くと「餃子」と返す、お決まりの一問一答。


起床。

半覚醒のままかき込んだ白米を、飲み込む前にご就寝zzz

リスのほっぺで力尽きている。

そこだけ時間が止まったような、毎朝の風景。


登校前のヘアセットは入念だ。

いつまでも鳴り止まないドライヤー。

当然時間がなくなり

自転車立ちこぎで、慌てて学校に行く背中。

頭髪の矛盾...


ヴィンテージを熱く語り、買ってきたTシャツがオバマ大統領。


自転車で、どこまでも行けると信じている。

お尻がかぶれるまで遠出した、あの夏。

アオハル。


________________



サッカー最後の試合は

負けてテントに戻っても、座ったまま

ずっとユニフォームから着替えることができなかった。

「10年間、ありがとうございました」

と私に握手してくれた日は、これからも忘れることはないだろう。


彩りなど全く関係ない、ボリューム重視の茶色弁当。

「あの弁当で頑張れたから」

と平気で言えてしまう君を見て

あぁ、私もあの時

こんな風に感謝を伝えていたら

母もどんなに嬉しかっただろうと

昔の自分を後悔した。


________________



親になって、初めて親の気持ちが分かる。

30年前の母は、何を思いながら私を見送ってくれたのだろう。


一人分の物音がしない、なんだか静かな夜。


もっと台所に立たせて、料理を覚えさせればよかったかな

体調崩したら、ちゃんと病院に行ってくれるだろうか


この時期、同じ夜を過ごされている全国のお母さん。

実際子離れって、なかなか難しいものですね。

お気持ちお察しします。

でも大丈夫。

あとで振り返れば、きっと素敵な笑い話です。


そして、私達にも新年度がやってきます!

せっかくですから、子供の節目に便乗して

新しいことを始めてみるのはいかがでしょうか?

同じ空の下、我が子が頑張っていると思うと

母も負けてはいられません!


ずっと、やってみたかったこと

もう一度、挑戦してみたいこと


「子供の節目、便乗プロジェクト」

只今、参加者募集中です☆


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page